異なる強度と大きさ

子供の歯の専門医小児歯科医とは

子供の「歯」に関して問題が生じてきたとき、多くの親御さんは「小児歯科」の看板を掲げている歯科医を探します。一般歯科医の中には、数多くの診療科目を掲げているところがあり、その中に「小児歯科」が含まれていることがあります。 我が国には「小児歯科学会」という組織があり、そこに登録されている小児歯科医が、子供の歯の治療の「専門医」となっています。この小児歯科学会に属していなくとも、子供の歯の治療を行なうことが出来ます。しかし、専門性という観点から考えると、「小児歯科学会」に登録している歯科医に、治療を行なってもらうのが望ましいでしょう。一般歯科医の中には、子供の歯の治療に関して、高い技術を有する医師もいます。しかし、全てのケースであてはまるわけではありません。小児歯科を選ぶ際には、考慮に入れておくのが良いでしょう。

「子供の健康な歯」への意識の高まり

今日、「歯」への意識が高まると共に、家庭でも「子供の歯の健康」について様々なケアが行なわれてきました。幼児の頃から「歯磨き」を取り入れ、口中環境を良好に保つ工夫が行なわれています。更に、デンタルフロスや糸ようじ、また、キシリトール配合のガムを日常的に使用する傾向が高まってきています。子育てに関する書物等でも、積極的に「歯の重要性」が唱えられており、多くの親の関心事になっています。 このような意識の高まりと共に、予防歯科的治療として「小児歯科」に通う子供が増えています。「虫歯になったから」いくのではなく、歯の健康状態をチェックし、口中環境を良好に維持するために訪れるのです。定期的に小児歯科に通うことで、トラブルのない綺麗な歯を維持することができるのです。